まずは洗車をしよう車外と車内をキレイにするポイント

まずは洗車をしよう車外と車内をキレイにするポイント 

車を売却しようとしたとき、「少しでも高く売りたい」と思いますよね。

 

そのためならできることは何でもしたいでしょう。

 

そこで、基本的なこととして、車を査定に出す前にキレイに洗車しておきましょう。

 

この洗車が、実はとても重要であることを知っていますか?

 

ここでは、洗車がなぜ大切なのか、洗車の仕方などを説明します。

 

洗車は査定額に影響する?

洗車は査定額に影響する? 

査定額がアップするなら、洗車をする手にも力が入り、いつもより念入りにきれいにしたいというもの。

 

しかし、洗車は直接査定額をアップする要因にはなり得ません。

 

洗車されていようがなかろうが、買い取られたあとに業者がプロの手でキレイにするからです。

 

確かに洗車をすれば見た目が良くなりますが、見た目で査定額に影響があるのは、傷やへこみ、さびなどになります。

 

残念ながら、洗車されているかどうかではないのです。

 

「じゃあしなくていいじゃん。無駄に時間も体力も使いたくない!」

 

と思う人がほとんどだと思います。

 

しかし、それでも査定前は洗車することを強くおすすめします!

 

その理由は・・・

 

無意識のうちに車の第一印象が査定対象に入っていることがある

いくら洗車が査定額に影響を及ぼさないと言っても、査定士も人間です。

 

汚い車よりもキレイな車にいい印象を受けるのは、あたりまえのこと。

 

意識せずとも洗車した車と洗車していない車では、査定額に差が出ることが考えられます。

 

車が汚いと減点対象になることがある

洗車したことは査定額アップに直接繋がりませんが、汚いのは減点対象となる可能性があります。

 

「車のメンテナンスをちゃんとしていない人」という印象を査定士に与えてしまうと、査定額を低くされてしまいます

 

見た目だけでなく他の部分も雑に扱われているだろうと予想され、買い取ったあと業者が行うメンテナンスに費用がかかることが懸念されるからです。

 

再査定と減額を防ぐ

洗車をすることで、外装についた傷やへこみなどが見やすくなります。

 

これらが見落とされて査定された場合、あとから再査定があったり減額されたりします。

 

そうなってくると、手間や時間が余計にかかって、減額ともなると精神的にもダメージがありますよね。

 

大事に乗ってきた愛車に感謝の意味をこめて

査定額に影響しないとしても、これまで足となってくれた大切なパートナーです。

 

感謝の意味をこめて、キレイにしてあげるのもいいでしょう。

 

また、査定士は車好きの人が多いので、大事に乗ってきたことが伝わると「査定額高めにしてあげたい」という気持ちになるかもしれません。

 

査定前の洗車ポイント

査定前の洗車ポイント 

「いくら大事な愛車とはいえ、隅から隅までキレイにする時間はない!」

 

という人のために、これだけはやっておいた方が良い洗車ポイントを紹介します。

 

見た目がキレイに見える程度でOK!

査定額がアップするなら時間を割いてでも隅々までキレイにしたいところですが、直接影響する部分ではないので、自分でできる範囲でOKです。

 

目立った汚れがない程度に掃除しましょう。

 

外装

  • 目につく泥汚れなどを水で洗い流し、窓などを拭く
  • 忙しければ洗車機に通すだけでも。

 

内装

  • 目立つ汚れを拭き掃除し、シートや足元のマットに掃除機をかける。
  • 査定しやすいようにトランクの荷物は出して、ドリンクホルダーや芳香剤などの装飾品は外しておく

 

匂い対策が必須!

車のなかでたばこを吸ったり、ペットと一緒にドライブに行ったりした人は、消臭しておきましょう。

 

匂いは査定士にいい影響を与えません。

 

香りがきつくない消臭剤の使用や換気をして、匂い対策をしておきましょう。

 

洗車は査定額アップには直結しません。

 

しかし、査定のマイナス要素を防ぐ効果があります。

 

今までお世話になった愛車に感謝の意味も込めて、査定前にはできる範囲で洗車をしましょう。

Facebook


inserted by FC2 system