車検に必要な費用とお得な利用方法

車検の費用ってどのくらい?軽自動車と普通自動車の相場 

車検とは、正式名称を自動車検査登録制度といいます。

 

車が安全に使えるかどうかを検査によって確認し、車の所有権を法律的に認める制度です。

 

車を日常的に扱っている人にとっては常識ですが、車検は一定期間ごとに必要で、車検を受けなければその車は公道を走ることができません

 

そして、車検はもちろん無料ではないので、どのくらい費用がかかるかをちゃんと把握しておかないと、「お金足りなくて受けられません!」ということになるかもしれません。

 

「お金足りなくて受けられません!」でもいいのですが、その場合、車は使えません

 

公道を走れなくなるので、車検有効期間が切れてから車を移動させるとなると、キャリアカーなどを手配しなければなりません。

 

余計にお金や手間がかかることになります。

 

そうなったら困りますよね?

 

なので、車検に必要な費用は前もって調べておくといいでしょう。

 

Sponsored Link

 

車種別の車検費用の相場

車検は、車種などによって必要な費用が変わってきますが、以下が相場となっているようです。

 

自動車種別

自動車総重量

車検費用相場

軽自動車

全車

5〜7万円

小型乗用車

1.0t以下

6〜8万円

中型乗用車

1.5まで

7〜9万円

大型乗用車

2.0まで

8〜10万円

大型乗用車

2.5tまで

9〜11万円

 

相場とはいえ、安くはない金額ですよね。

 

車検費用の内訳

結構な金額が必要な車検ですが、内訳はどのようになっているのでしょうか。

 

車検の費用は、以下のように構成されています。

 

車検基本料+法定費用=車検費用

 

車検基本料

車検を依頼した整備工場などに支払う料金です。

 

下記が含まれています。

 

  • 24ヶ月点検整備料・・・法律で義務付けられた点検や整備にかかる料金
  • 検査料・・・検査そのものにかかる料金
  • 代行手数料・・・所有者の代わりに検査をする料金

 

法定費用について

法律で定められた費用で、国や保険会社に支払います。

 

下記が含まれています。

 

  • 自陪責保険料・・・自動車の所有者が必ず入らなければならない強制保険の料金
  • 自動車重量税・・・車検時に国に治める税金
  • 印紙代・・・自動車検査証を交付してもらうために国に納める手数料

 

各車検方法と車検費用の相場

車検はどこで受けられる?車検基本料の相場 

車検基本料は、乗っている車種やどこで車検を受けるかなどによって費用が変わってきます。

 

車検方法

車検基本料相場

概要

ディーラー 40,000円〜100,000円

自分が乗っている自動車を取り扱っているディーラーに車検を依頼できます。

 

車検基本料は割高になる傾向にありますが、隅から隅までチェックしてくれるので安心です。

 

普段車を使わない人や車初心者など、車の状態をあまり把握していない人におすすめです。

 

また、忙しいからすべてを丸投げしたい人や車検項目以外の部分もチェックしてほしい人も、ディーラー車検がいいでしょう。

車検フランチャイズ店 25,000円〜80,000円

車検を専門で行っているチェーン店で、料金体系がわかりやすいので利用しやすくなっています。

 

基本的にディーラー車検よりも割安で、オイル交換無料などのキャンペーンもあるのでお得です。

 

店舗によって料金がまちまちだったりオプション料金が必要だったりするので、見積りに注意する必要があります。

 

また、検査以外の対応力に欠ける部分があるので、整備や修理の技術はディーラーより劣るかもしれません。

一般整備工場 25,000円〜80,000円

外車や国産車など、どんな車種でも取り扱ってくれます

 

料金もディーラー車検より安く済みますが、機器が整っていないところもあり、整備や修理が難しい場合があります。

カー用品店 20,000円〜60,000円

車のパーツを取り扱っているカー用品店でも車検を依頼できます。

 

純正品以外のパーツを装着していると、車検に通らないことがありますが、カー用品店で車検をする場合は車検対応パーツを装着し、車検に通してくれます

 

ドレスアップしている車などに適しています。

 

しかし、本業はカー用品の販売なので、整備や修理となると知識や経験が他と劣ると考えられます。

ガソリンスタンド 20,000円〜60,000円

給油などのついでに車検を依頼でき、費用もディーラー車検より安く済みます。

 

24時間営業のところが増えてきているため、忙しくても都合をつけやすく、便利です。

 

しかし、スタッフの経験や知識にはムラがあったり、車検代行業者の窓口となっているだけだったりするので、注意が必要です。

 

車検を依頼する時には国家資格整備が常駐している等、信頼できるお店を探してみましょう。

 

EPARK車検のサイトを利用するのが便利です。

 

ユーザー車検 1,500円〜3,500円

自分で車の点検や整備を行ったのち、車を国の検査場に持って行き、検査を受けることです。

 

業者に支払う費用がないので、一番お金がかからない方法です。

 

しかし、メンテナンスが必要となった場合は自分で行うか業者に依頼しなければならないので、知識や経験が必要だったり結局は部品などにお金が必要だったりします。

 

また、再検査となればその費用を支払わなければならないこともあります

 

そうなればお金も手間も余計にかかってしまいます。

 

ユーザー車検の方法について詳しくはこちら
⇒車検を自分で行うユーザー車検について。必要書類や予約方法、検査の流れは?

ユーザー車検代行 10,000円〜30,000円

車の所有者に代わって業者が国の検査場に車を持って行き、検査を受けます

 

代行業者が行ってくれるのは、この部分のみになります。

 

点検や整備は自分で行う必要があり、検査後にメンテナンスが必要だった場合も自分で対応しなければなりません。

 

車の状態をよく把握していて、安く費用を抑えたいけど検査場まで持って行けない人におすすめです。

 

 

Sponsored Link

 

法定費用について

法定費用について 

法定費用は法律で定められているもので、車種などによって少しの差はありますが、どこで車検を受けても法で決められた金額を支払わなければいけません。

 

以下に法定費用の内訳と料金を紹介します。

 

自動車種別

自賠責保険料

自動車重量税

印紙代

軽自動車

26,370円

6,600円

1,100円

普通自動車(1.0t以下)

27,840円

16,400円

1,700円

普通自動車(1.5t以下)

24.600円

1,800円

普通自動車(2.0t以下)

32.800円

普通自動車(2.5t以下)

41,000円

※重量税額は変動する可能性があり、エコカーなどは上記と異なる場合があります。
 詳しくはこちら⇒国土交通省自動車重量税・税率早見表
※自賠責保険料は変動する可能性があります。
 詳しくはこちら⇒国土交通省自動車損害賠償責任保険料(共済掛金)表
※保安基準適合証(指定整備工場で点検整備を行い、保安基準適合した場合に交付される書類)がある場合は上記と異なります。

 

車検費用を相場より安くお得にする方法

これまで車種別や内訳、法定費用に関する車検のことを説明してきました。

 

そこで、車検費用を相場より安くお得にする方法として、「EPARK車検」のサイトを紹介しておきます。

 

EPARK車検公式サイト画像

 

EPARK車検
https://otakara-shaken.com/

 

EPARK車検って?

自宅から1番近く、1番安い車検ができる店舗をカンタンに探すことができるサイトです。
車検内容もディーラーと同じ内容で、整備士が常駐している安心できる店舗のみを取り扱っています。

 

使い方は、
EPARK車検の郵便番号入力
※画像はパソコン用のサイトのものですが、スマートフォンからでも同じようにできます。
ここに郵便番号を入力します。

 

 

それだけで、家の近くで車検ができる店舗がでてきます。
S&CCS新横浜の車検費用

 

店舗までの距離や、車検費用もどこが安いかがわかります。

 

気になった店舗をクリックすると、
具体的な車検の費用が分かる図
車検料金表でさらに具体的な割引額や各種費用がわかります。

 

予約や申し込みも同じページからすぐにできます。
車検の予約申し込み画像

 

お得なクーポンは、人数の限定があるので早めに申し込みしておきましょう。

 

EPARK車検は、国家資格整備士が常駐していて安心できる厳選された店舗のみで、法定24ヶ月点検付きのコースもあります。最大のメリットはネット予約なので、最大82%OFFというところです。

 

車検は費用や手間がかかるという、大きな問題があります。

 

いまはネットで車検費用が安いところがわかる「EPARK車検」のようなサイトを利用するのがベストな選択と言えるでしょう。

 

 

まとめ

 

車検は必ず受けなければならないので、費用をあらかじめ把握し、資金繰りをしておきましょう。

 

費用は車検基本料と法定費用で構成されており、車種や車検場所などによって金額が変わってきます。

 

車検基本料は節約しようと思えば可能ですが、法定費用は法律で決められている金額を支払う必要があります。

 

車検を受ける場所も、自分や車の状況を良く考えて選ぶようにしましょう。

 

 

Sponsored Link

 

Facebook


inserted by FC2 system