車検で安いところを探しているなら、ここで比較して格安を探そう

車検で安いところを探しているなら、ここで比較して格安を探そう 

車検は、長年自動車に乗っている人にとっては馴染みのある言葉です。

しかし、ただの「定期検査」と思っていませんか?

「どこで受けても同じ」と思っていませんか?

今回は、車検の本質を理解するため、お得に車検を受けるための『いろいろ』をご紹介します!

車検って何?

車検とは自動車検査登録制度の略で、主に以下の役割を持っています。

  • 一定期間ごとの自動車の検査・・・自動車の安全性の確認
  • 自動車の所有権獲得・・・自動車の所有者が誰であるか法的に確定
  • 各種税金の徴収・・・重量税、自賠責保険料、印紙代

要するに、検査して、検査料と一緒に税金を支払って、所有者を登録するのが、車検なのです。

車検に合格するということについて

「車検に合格する」とは?

自動車は、一定期間ごとに法律で定められた検査に出す必要があり、それを「車検に出す」といった言い方をします。

ブレーキやライトなど検査の項目はたくさんあり、自動車の機能が基準を満たしているかどうかを検査するのです。

「車検に合格する」とは、この検査で異常な値が出なかったことを示しています。

車検に合格すれば安全?

気を付けたいのが、「車検に合格=次の車検まで安全に走ることができる!」ではありません。

車検は、自動車のその時の状態が基準を満たしているかどうかに重点をおいている検査です。

つまり、どれだけぼろぼろであろうと、車検時に規定値が出て異常なしとなれば車検に合格します。

しかし、そんな自動車は、合格後すぐに何らかの異常が表れるかもしれません。

車検に合格したからといって、必ずしも安全面が保証されたわけではないのです。

なので、車の状態に不安があったり車のことは何もわからなかったりするなら

「車検には合格しましたけどちょっとココ危ないですよ?修理(交換)しましょうか?」

って、提案してくれるのが良いですよね。


車検はどこに出すの?

車検はどこに出すの? 

車検の出し方

車検は、主に以下のような場所で受付けています。

前述しましたが、「車検に合格する=安全面の保証」ではありません

また、車検を出すところによって料金設定やサービス内容もさまざまです。

「車のメンテナンスまでしてくれるところがいい」のか、「メンテナンスは自分でできるからとにかく安いところがいい」のか、自分に合った車検の出し方を選びましょう。

ディーラー車検
メーカーの新車を販売しているディーラーで車検をしてもらえます。

メリット 品質の高い点検や整備をしてくれる
知識豊富な人材が常駐
最新設備が揃っている
車検項目以外も対応
土日祝対応
デメリット ×料金が高い
×自社メーカー以外は知識が乏しい

ディーラー車検はこんな人におすすめ!


  • 高品質な点検整備を求める
  • 車のことはよくわからない
  • 平日は時間がとれない
  • すべて任せて手間なく楽したい

車検フランチャイズ店
車検を専門とするチェーン店で、ホリデー車検や車検のコバックなどがあります。

メリット 料金設定が割安でシンプル
お得なキャンペーンや特典がある
幅広い車種に対応
系列店は品質が一定
デメリット ×土日祝は対応していない
×車検項目以外の点検整備はオプション
×持ち込み・持ち帰りが前提

車検フランチャイズ店はこんな人におすすめ!


  • 平日に時間がとれる
  • コストパフォーマンス重視
  • 複雑な料金体系が苦手

一般整備工場
指定工場(自社で点検整備、車検を行える)認定工場(点検整備のみしか行えない)があります。

認定工場に持って行った場合は、点検整備したのちに車検場へ自分で車を持ち込んで検査を受ける必要があります。

メリット 料金が安い
幅広い車種に対応
修理代が比較的安い
デメリット ×工場によって設備や品質にばらつきがある
×持ち込み・持ち帰りが前提
×土日祝に対応していない
×新型車のコンピューター系統が不得意

一般整備工場はこんな人におすすめ!


  • 平日に時間がとれる
  • なるべく安く済ませたい
  • 信頼できる工場を知っている

カー用品店
オートバックスなどのカー用品店でも、車検を受付けているところがあります。

メリット 料金が安い
ドレスアップカーなどでも対応
系列店は品質やサービスが均一
パーツなどの指定が可能
デメリット ×ディーラーや車検専門店より設備が劣る
×持ち込み・持ち帰りが前提
×土日祝は対応していない

カー用品店はこんな人におすすめ!


  • 平日に時間がとれる
  • なるべく安く済ませたい
  • 装飾品を装着している
  • 消耗品やパーツを自ら選択したい

ガソリンスタンド
給油をするためのガソリンスタンドですが、車検を受付けているところがあります。

メリット 料金が安い
手軽に車検に出せる
作業が早い
24時間受付のところがある
お得なサービスやキャンペーンがある
幅広い車種に対応
デメリット ×点検整備の質は良くない
×持ち込み・持ち帰りが前提
×代車がない

ガソリンスタンドはこんな人におすすめ!


  • 忙しくて時間がとれない
  • 手軽に安く済ませたい
  • 車の状態をある程度把握している

その他の車検について

ユーザー車検
点検や整備を行ったあと、国が定める車検場に自分で車を持って行って検査する方法です。

メリット 検査料が無料
デメリット ×土日祝は対応していない
×車の知識が必要
×検査に通らなかったら再検査(有料)が必要

ユーザー車検はこんな人におすすめ!


  • とにかく安く済ませたい
  • 自分で点検整備できるくらい車の知識がある
  • 再検査が不要なくらい車の状態に自信がある

ユーザー車検のやり方について詳しくはこちら
⇒車検を自分で行うユーザー車検について。必要書類や予約方法、検査の流れは?

ユーザー車検代行
所有者の代わりに、車検場に持って行ってくれる業者です。

メリット 料金が格安
デメリット ×点検整備は行ってくれない
×土日祝は対応していない
×車の知識が必要
×検査に通らなかったら再検査(有料)が必要

ユーザー車検代行はこんな人におすすめ!


  • とにかく安く済ませたい
  • 自分で点検整備できるくらい車の知識がある
  • 再検査が不要なくらい車の状態に自信がある
  • 自分で車検場に持って行く時間がない


車検のタイミング

車検のタイミング 

車検には有効期限があり、新車は初回3年目、以降は2年ごとに受けなければなりません。

(中古車を購入した場合は、初回も2年目です。)

有効期限は車検証などで確認できますが、有効期限を過ぎてしまった自動車は「車検切れ」となり、公道を走ってはいけません

そのため、有効期限内に再度車検を受けて有効期限を延ばす必要があります

車検を受けるタイミングとしては、有効期限の1ヶ月前から有効期限満了の日までが望ましいでしょう。

この期間に受けると、車検の新しい有効期限は、車検を受けた日ではなく、古い車検の有効期限満了日からカウントされます。

一方、有効期限1ヶ月以上前に車検を受けてしまうと、新しい有効期限は車検を受けた日からスタートになります。

ロスがあるので、次回車検までの期限が短くなってしまうということです。

例えば、車検の有効期限が6月1日の場合、

  • 5月2日から6月1日までに車検を受けると・・・新しい車検有効期限は2年後の6月1日まで
  • 5月1日までに車検を受けると・・・・新しい車検有効期限は車検を受けた日の2年後まで

となります。

車検必要書類

車検には下記の書類が必要なので、事前に準備しておくといいでしょう。

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書


車検代を節約するには

検査料は値引きしてもらえる?

車検時に支払う重量税などの税金は法律で定められているものなので、もちろん値引きなんてありません。

しかし、検査にかかる料金は交渉次第で値引きしてもらえる可能性があるのです!

車を買う際に値引きがあるのは有名ですが、車検の検査料を値引きしてもらえるなんて、知らない人が多いのではないでしょうか。

車検できる場所が増えてきているので、自動車関係の業者はこぞって車検ユーザーの獲得に熱をあげているのです。

そのため、値引きに応じてくれるところは意外と多くなっています

車検の値引き交渉術

複数の業者から見積りをとるのは、対象が何であれ値引き交渉術の基本中の基本です。

しかし、車検代を値引きするなら、ひとつポイントを知っておかなければなりません

それは、同業他社に見積りしてもらう、ということです。

つまり、ディーラー車検を値引きしたいなら、複数のディーラーで見積りをとる必要があります。

ガソリンスタンドでの車検を値引きしたいなら、複数のガソリンスタンドで見積りをとる必要があります。

自動車関係といっても、業種が違えば点検や整備、検査の方法やサービス内容に違いがあります。

そのため、他業種の車検見積りを比較対象としても、値引き交渉のネタになりにくいのです。

コストパフォーマンスの良い車検を選ぶなら

少しでも安く、少しでも高品質な車検を受けたいなら、下記サイトの利用がおすすめです。

ホリデー車検

ホリデー車検 

ホリデー車検とは、車検を専門とするチェーン店です。

フランチャイズチェーンシステムによる車検予約サイトを運営しており、比較的低価格で高品質な車検が評判となっています。

検査の料金ではなく、メンテナンスにかかる費用までを入れた総額がお得なので、目先の安さに惑わされることなく質の高い車検を選択できます

その他おすすめポイントは・・・

立会い車検なので車の状態をずっと確認できる!

プロの整備士が適切な整備計画を提案してくれる!

車検後も、消耗品交換時期の案内などアフターフォローがある!

詳細をチェック


EPARK車検

EPARK車検 

EPARK車検とは、日本最大級の車検比較・予約サイトです。

厳選された店舗のみが加盟しているので、サービス内容も整備士の腕も本物です。

また、このサイトから車検を予約すると、車検基本料が最大82%OFFとなり、とてもお得に車検を受けることができます。

その他おすすめポイントは・・・

EPARK車検だけの特典やお得なキャンペーン満載!

どんな車種でも対応可能店舗が簡単に探せる!

事前点検で、お店やスタッフの雰囲気を見て車検を依頼するかどうか決められる!

詳細をチェック


車検には、自動車の検査や税金徴収などの役割があり、安くない費用がかかってきます。

今ではさまざまなところで車検を受けることができますが、どこも良し悪しがあるので、車やお財布と相談して車検場所を決めるといいでしょう。

また、コストパフォーマンスを求めるなら、ホリデー車検EPARK車検などの予約サイトを利用するのもおすすめです。

Facebook


inserted by FC2 system