車査定額に色は関係してくるのか?人気ボディーカラーの車を買うとお得

車査定額に色は関係してくるのか?人気ボディーカラーの車を買うとお得

ボディーカラーを選ぶのは、車を買うときのひとつの楽しみですよね。

 

特に近頃は、カラーバリエーションが豊富な車種が増えてきています。

 

「どうせなら流行りの色がいい」

 

「目立ちたくないし無難なカラーがいい」

 

「人と同じは嫌だから個性的なカラーがいい」

 

と、色を選ぶ基準は人それぞれ。

 

しかし、本当にそのカラーで大丈夫ですか?

 

車を売るときのこと、ちゃんと考えていますか?

 

車は一生手元に置くことはできないので、いつかは手放さなければなりません。

 

その際に高額売却を目指すなら、このサイトが役に立つこと間違いなしです。

 

査定額に大きく影響する車のボディーカラー

車のボディーカラーは、車を売る際の査定にとても大きな影響を与えます。

 

同じ車種でも、カラーが違うだけで何十万も査定額が変わることもあるのです。

 

たとえ車の状態がそんなに良くなくても、カラーの選び方に気をつけて買っていれば、高く買い取られる可能性があります。

 

このように、ボディーカラーは売る際にとても重要となる項目なのです。

 

中古車市場で人気のカラーはプラス査定

高額査定が期待できる人気のボディーカラー

中古車販売店などで人気のあるカラーは、以下のようなカラーです。

 

  • ブラック
  • ホワイト
  • パールホワイト
  • シルバー

 

どれもスタンダードなカラーですね。

 

車のカラーバリエーションが豊富となった今でも、これらのカラーはどの車種においても人気色です。

 

新車と違って選べるカラーが少ない中古車市場においても、こういった万人受けするカラーが売れるのです。

 

派手なカラーの方が好きだとしても、「まあいいか」と受け入れられるのがこれらの色です。

 

スタンダードなカラーは購入希望者が多いので、車を売る際はプラス査定となります。

 

マイナス査定となり得る不人気ボディーカラー

ベーシックな黒や白などと違って、中古車市場で売れ残る傾向のある色は以下です。

 

  • 黄色

 

いわゆる、原色系の色ですね。

 

好みが分かれるので、中古車市場ではあまり人気がありません。

 

こういった原色系は、「まあいいか」で受け入れられるカラーではなく、購入希望者と好みが一致しないと売れません

 

そのため売れ残るリスクが考えられ、査定額が低くされることがあります。

 

車を買うときに注意したいボディーカラー

車を買うときに注意したいボディーカラー

トレンドカラーは要注意?

時代によって流行りのカラーがあり、もちろん自動車業界もその動向を意識して商品開発がされています。

 

カラーバリエーションにトレンドを揃えておくことは、車の販売促進に繋がるからです。

 

最近では、2トーンや3トーンカラーに注目が集まっていますね。

 

見た目もおしゃれだし、トレンドというだけで選びたくなってしまします。

 

しかし、このトレンドカラーが果たしてずっとトレンドであるかどうかは誰にもわかりません。

 

ここ数年は流行の移り変わりが激しいので、車を売るときになるともうトレンドカラーではない可能性が高いです。

 

2トーンカラーや3トーンカラーが、「奇抜」や「ださい」などの印象を与える時代になっているかもしれません。

 

そうなってくると、買ったときにいくら流行だったとはいえ、マイナス査定の要因になってしまいます。

 

なので、トレンドに沿ったボディーカラーを選ぶ際は、少し考えたほうがいいかもしれません。

 

限定カラーは要注意?

車種によっては、特別仕様車として限定カラーを設定しているものがあります。

 

“限定”と聞いただけで、思わず手を出してしまいそうですよね。

 

しかし、限定カラーはだいたい奇抜なカラーなので、売る際にはマイナスポイントになってしまいます。

 

希少性が高くても、万人受けするカラーでなければ中古車市場では評価されない場合がほとんどです。

 

高級であればあるほど査定額にボディーカラーが影響する

高級車といわれるクラスの車になると、ボディーカラーよる査定の差はさらに大きくなります

 

ハイクラスの車は、中古車といえど、はやり大衆車よりも優れた面が多々あります。

 

査定額も高くなる傾向にありますが、今の時代は「中古の高級車より新車の大衆車」という時代なので、売れ残ることもしばしば。

 

ハイクラスならではの良さを理解してくれる購入希望者が表れるまで、じっくり待つことが多いのです。

 

それでいてカラーが型破りだと売れ残りのリスクが高くなってしまうので、査定額が大幅に下げられてしまいます。

 

スポーツタイプは原色が人気?

スポーツタイプは原色が人気?

車を売る際は、黒や白といった無難なカラーが高く売れる傾向にありますが、例外も存在します

 

それは、スポーツタイプの車です。

 

家庭を持っていない若い人をターゲットとしているスポーツタイプは、黒や白といったベーシックなカラーよりも原色が人気の場合があります。

 

いつの時代も、スポーツカーは個性的なカラーが注目を集めてきました。

 

そのため、スポーツタイプのものに限っては原色がプラス査定となる可能性があります。

 

車は、高額で売ることを前提とするならば、黒や白などの万人受けするボディーカラーがいいでしょう。

 

原色系などといった奇抜なカラーは売れ残ることが考慮され、マイナス査定となることがあります。

 

しかし、スポーツタイプの車に限っては、原色系が高く評価されることもあります。

 

先々のことを考えずに好きな色を選びたい人は、そうするのが一番良い買い物だったといえるでしょう。

 

もし高額売却を目指すなら、買う際はベーシックなカラーがおすすめです。

Facebook


inserted by FC2 system