中古車売買時の委任状に付いて気をつけておくことは?

 

中古車を売買する上で必要な書類のひとつに、“委任状”があります。

 

委任状がなくても中古車の受け渡しが完了する場合もありますが、それは非常に稀なケースです。

 

中古車を売ったり買ったりする際には、委任状は必ず必要であると考えておきましょう。

 

では、この“委任状”とは一体何なのでしょうか。

 

役割や必要な理由、手に入れる方法など、委任状について解説していきます。

 

委任状とは

何かしらの手続きの際によく聞く“委任状”ですが、何なのか知っていますか?

 

「特に知らないけど必要だと言われたから適当に捺印してる」

 

という人、いるのでは?

 

委任状は、当事者が行わなければならない申請を当事者が行えない場合に、本人の意思の代わりになるものです。

 

委任状が本人の意思となるので、委任状さえあれば代理人でも申請ができるようになります。

 

紙切れ1枚ですが、自分の分身となるので非常に重要な書類なのです。

 

中古車の売買でなぜ委任状が必要?

中古車を売ったり買ったりした際にはいろいろ手続きが必要です。

 

そのメインとなるのが、『名義変更』です。

 

車の所有者を、旧オーナーから新オーナーに変更する手続きです。

 

名義変更は、基本的に旧オーナーと新オーナーが管轄の陸運支局へ一緒に手続きしにいかなければなりません。

 

ですが、そんなのは面倒だし非現実的ですよね。

 

なので、自分の分身となる委任状を用意し、手続きしやすくするのです。

 

新オーナーが旧オーナーの委任状を持って手続きしたり、あるいは両方の委任状を持って第三者が手続きしたり。。。

 

委任状があれば、そういったことが可能になります。

 

ディーラーや中古車買取店などで車を売ったり買ったりした場合、業者側が手続きしてくれることがほとんどなので、必要書類のなかに必ず委任状があります。

 

委任状に実印を押印するときの留意点

委任状に実印を押印するときの留意点 

白紙の委任状に実印の押印を求められる?

中古車売買における委任状には、代理人や委任者の氏名・住所の他に自動車登録番号などを記載する欄があります。

 

しかし、中古車買取店や販売店などの業者で中古車を売ったり買ったりする場合、

 

「何も書かずに実印の押印のみしてください」

 

と言われることがあります。

 

すごく怪しいですよね。

 

委任状は自分の意思そのもので、さらに実印を押すとなると、白紙のままでということにすごく不安を感じますよね。

 

実はこれには、ちゃんと理由があります

 

委任状は書き損じがあると訂正印が必要になるので、提出後に記載ミスが発覚した際に再提出が発生してしまいます。

 

再提出になると手間が増えたり手続きが遅れたりするので、実印のみもらって他の部分は書類を扱うプロである行政書士に任せる、というのが一般的なのです。

 

実印の作り方や説明について詳しくはこちら
⇒車の購入する時の必要書類をわかりやすく説明します『普通車を購入する際に必要な書類【自分で用意するもの】』

 

委任状の欄外に捨印を求められる

捨印とは、もし書類に訂正箇所があった場合に「自分に確認せず訂正していいですよ」という意味で押す印です。

 

訂正箇所があると、本来であれば委任者の実印で訂正印を押す必要があります。

 

しかし、捨印があれば訂正印がいらないので代理人でもある程度訂正でき、手間が省けるというわけです。

 

自分の許可なく何かが勝手に訂正されるかもしれないので、捨印を嫌がる人は多いです。

 

記載ミスさえなければ、捨印がなくても正式書類として成立するため、捨印は不要としているところも多くあります。

 

委任状のみでは効力なし

いくら実印が押してあっても、委任状だけでは何の効力も持ちません

 

委任状が効力を発揮するためには、“押印してある実印は本物です”と証明できる書類が必要なのです。

 

つまり、委任状は印鑑証明書とセットでなければ何の意味も持たないということ。

 

これはかなり重要なことなので、覚えておきましょう。

 

委任状が2枚以上必要なときがある?

業者で中古車の売買をする際、以下のような場合は委任状が2枚以上必要なときがあります。

 

下取車があって新たな車を買う場合

古い車を売って新しい車を買う場合は、それぞれ名義変更をしなければならないので、委任状が2枚必要になります。

 

それに伴い、印鑑証明書も2枚必要になります。

 

中古車を現金で買って納車時に払う場合

まず、購入者の名義にするために委任状と印鑑証明書が1枚ずつ必要です。

 

そして、もう1セットは、何かトラブルがあって車の引き渡しができなかった場合、名義を購入者から戻すためのものです。

 

納車の際、購入した車は購入者名義になっている状態です。

 

もし、直前に購入者が「やっぱりお金を払えません」と言われても、車はすでに購入者の名義になっています。

 

そういった際に名義を購入者から元に戻すには、また委任状と印鑑証明書が必要になります。

 

現金で納車時に支払う方法をとった際はリスク管理のため、委任状と印鑑証明書を2枚ずつ要求される場合があります。

 

書き損じのための予備

委任状は書き損じると、委任者の訂正印が必要になります。

 

捨印があれば問題ないのですが、捨印を嫌う人も多いため、予備として最初から委任状を複数枚用意することがあります。

 

この場合、結局使用する委任状は1枚なので、印鑑証明書は1枚のみで大丈夫です

 

予備の委任状に添付する必要はありません。

 

委任状にまつわる注意点

委任状にまつわる注意点 

使用用途をはっきりさせる

業者に言われるがままに用意し、言われるがままに押印するのはやめましょう。

 

実印を押した、自分の意思の分身となるものです。

 

複数枚要求された場合は枚数分の使用用途をはっきりさせ、納得した際に実印を押しましょう。

 

不要になった委任状は返却してもらう

予備などで委任状を複数枚要求された場合は、車の引き渡し後に不要だったものを必ず返却してもらいましょう。

 

これは、委任状に限らずすべての書類にいえることです。

 

また、予備として委任状を複数枚提出した場合、書き損じたものを業者側が勝手に破棄する恐れがあります。

 

実印が押してあったり重要な個人情報だったりするので、書き損じても破棄せずに返すように伝えておきましょう。

 

委任状を手に入れる方法

車の名義変更手続きで使用する委任状は、インターネットからダウンロードが可能です。

 

中古車販売店などの業者で車を売ったり買ったりする場合は業者側が必要書類を用意してくれますが、個人間で取引するなど自分で用意しなければならないときはネットを利用すると簡単に手に入れられます。

 

委任状のダウロードはこちら(国土交通省公式サイト)

 

委任状は、自分の代わりに自分の意思を表明するものです。

 

実印を押印して使用するので、取り扱いには注意しなければなりません。

 

使用用途が明確になっていることを確認したうえで実印を押印しましょう。

 

また、個人情報が書かれるものなので、書き損じたものや使用しなかった予備のものなどは、必ず返却してもらうようにしましょう。

 

Facebook


inserted by FC2 system