中古車の選び方から購入から納車までの流れって?

中古車の選び方から購入から納車までの流れって? 

中古車を買う際、下記のような流れを辿ることが一般的です。

 

  1. 予算の決定
  2. 車の情報収集
  3. 中古車販売店巡り
  4. 見積もり・交渉・契約
  5. 支払い
  6. 任意保険の加入
  7. 納車

 

このように納車までの簡単な順序を並べただけで、

 

「何にどれくらいお金が必要なのか」

 

「中古車販売店や中古車はどうやって選べばいいのか」

 

など、いろいろな心配事が出てくることでしょう。

 

今回は、中古車を買うときのポイントをご紹介します。

 

中古車購入に必要なお金

まずは、中古車購入で使えるお金を決めなければなりません。

 

しかし、その前に知っておかなければならないことがあります。

 

中古車を買う際に必要なお金は、車両価格だけではありません。

 

法定費用や手数料といった経費が必要で、それを含めた資金計画を立てなければなりません。

 

法定費用

中古車を買う際は、国が決めた金額を支払う法定費用が必要です。

項目 概要 相場・参考サイトなど
自動車税

4月1日時点で車の所有者や使用者に課せられる税金。

 

自動車を買ったときにも月割りで課税される。

税額は車の排気量などによる。

 

詳しくは各都道府県公式サイト

自動車重量税

車種や重量に応じて課せられる税金。

 

車検時に支払うので、車検が残っている中古車を買う場合は支払う必要がない

税額は車の区分などによる。

 

詳しくは国土交通省「自動車重量税・税率早見表」

自動車取得税 車を購入した際に課せられる税金。

税額は車の価格などによる。

 

詳しくは下記中古車を買う際の自動車取得税について参照

自賠責保険料

自動車の所有者が必ず入らなければならない強制保険の料金。

 

通常は車検時に支払うが車検が残っている中古車を買う場合は月割りで販売店に支払うのが一般的。

保険料は車種などによる。

 

詳しくは国土交通省「自動車損害賠償責任保険料(共済掛金)表」

消費税  

車両価格などの8%

 

(2016年現在)

リサイクル料金 購入の際に前払いで払う車の廃棄処分の料金。

料金は車種などによる。

 

詳しくは国土交通省「自動車リサイクル法について」

 

販売店手数料

販売店が、中古車購入における必要な手続きを代行する際の手数料や、車の整備などにかかる料金です。

項目 概要 相場・参考サイトなど
名義変更費用 車の名義変更を販売店が代行する際の手数料。 15,000〜30,000円
車庫証明費用 車庫証明申請を販売店が代行する際の手数料。 10,000〜20,000円
納車費用

販売店から購入した車を購入者の自宅まで届ける際の手数料。

 

(自分で車を販売店まで取りに行く場合は不要なこともある)

5,000〜15,000円

 

(販売店から自宅までの距離による)

車検整備費用 納車に向けて点検整備するための費用。

料金は車のコンディションなどによる。

 

「車検整備点検付き」と表示されている中古車は車両価格に整備費用が含まれている。

下取費用 買い替えなどで下取車がある場合はその車の名義変更などで必要な手数料。 5,000〜15,000円
ローン手数料 ローンで中古車を買う場合に必要。 料金は車の価格や支払い回数などによる。
公正証書作成費用 ローンで中古車を買う際にローン会社が公正証書(支払い不能になったときに車を差し押さえするための書類)を作成するのに必要な費用。 約10,000円

 

中古車を買う際の自動車取得税について

中古車を購入するときに支払う自動車取得税は、以下の計算式で算出されます。

 

課税標準基準額×残価率=取得価額(1,000円未満切捨て)

 

取得価額× 3%(軽自動車は2%)=自動車取得税額

 

  • 課税標準基準額・・・車の新車価格から値引き見込み額を引いた金額
  • 残価率・・・車の経過年数によって算出された掛け率

 

残価率早見表

経過年数

1

1.5

2

2.5

3

3.5

残価率

0.681

0.561

0.464

0.382

0.316

0.261

経過年数

4

4.5

5

5.5

6

 

残価率

0.215

0.177

0.146

0.121

0.100

 

 

不明な諸費用が含まれていれば販売店に聞いてみよう

上記に中古車を買う上で必要な代表的な諸費用を紹介しましたが、販売店によって必要な手数料はさまざまです。

 

販売店が独自に決めている手続き項目や料金があることもあります。

 

なので、よくわからない内訳項目がある場合は、ちゃんと聞いてみましょう。

 

なかには訳のわからない項目で、諸費用をぼったくろうとする悪徳業者もいますので、注意しましょう。

 

また、車種などによって必要な諸費用が変わってきますが、車両価格の約2〜3割くらいを目安に考えておきましょう。

 

その分を加味した上で、資金計画を立てることが重要です。

 

中古車販売店や中古車について情報収集する

中古車販売店や中古車について情報収集する 

予算についてある程度の目処がついたら、車についての情報を集めましょう。

 

中古車に限らず、車を買う際に一番大事なのは“自分に合った車”を選ぶことです。

 

中古車を買うときは

 

「安くて状態が良い車が欲しい!」

 

とばかり考えてしまいがちですが、まずは自分のカーライフに合った車種が何なのかを見極めることが重要です。

 

極端な話、みんなで車に乗ってレジャーに行くのが趣味の家族が、安かったからといって軽自動車を選んでは、荷物もあまり乗らず窮屈な思いをしながら長時間の移動をしなければならなくなります。

 

また、中古車はその状態が千差万別で、決して同じものはありません。

 

なるべく安く手に入れたいところですが、すぐ走らなくなったり頻繁に故障したりするような、問題のある車は絶対避けたいですよね。

 

今回は、どんな中古車を選べばお財布に優しく、充実したカーライフを送れるか中古車選びのポイントをご紹介します。

 

こんな人におすすめ、こんな車!自分に合った車種を見極める

日常的に使用するのか、週末のドライブだけに使用するのか、日頃どのように車を使うかで、必要な中古車が変わってきます

 

買う車種を決める際は、自分の車の使い方を考えましょう。

 

通勤や毎日のお買い物で使う

おすすめの車:コンパクトカー、軽自動車

 

通勤時やスーパーなどに行く際に車を使うなら、コンパクトカーや軽自動車といった車がおすすめです。

 

燃費が良く、街乗りしやすいので、毎日使う場合に向いています。

 

最近のコンパクトカーや軽自動車は室内も広々しており、ちょっとした荷物はもちろん、大きな荷物もシートアレンジで載せることが可能です。

 

使うのは休日!家族や友達など大勢でドライブ

おすすめの車:ミニバン、ワゴン

 

休みの日に趣味で使用し、なおかつ大人数を乗せたいならミニバンやワゴンがおすすめです。

 

ラゲージスペースも大きいので、荷物もたくさん載せられます。

 

また、シートアレンジで座席が向かい合ったりフラットになったりするので、シーンに合わせて快適に利用できるでしょう。

 

使うのは休日!走りを追及したドライブを楽しみたい

おすすめの車:スポーツタイプ

 

純粋に車を走らせることを楽しみたい方には、スポーツタイプの車がおすすめです。

 

走ることに重きをおいた車なので、余計なスペースや機能はなく速さを体感できます。

 

使うのは休日!アウトドアで車を使いたい

おすすめの車:SUV

 

釣りやキャンプなど、足場が悪いところへ車で出かけたいならSUVがおすすめです。

 

荷物がたくさん載るのはもちろん、悪露でも安定した走りを見せてくれ、頼りになる存在となります。

 

日常使いにもドライブにも使いたい

おすすめの車:SUV、スポーツセダン、コンパクトカー

 

人を乗せたり荷物を載せたりしやすく、かつ心地よいドライブも提供してくれる車です。

 

車に実用性も走りも求めたいなら、この3種類から選ぶといいでしょう。

 

上記を参考に車について情報を集め、どんな車があるかを知ったうえでおよそのターゲットを絞っておきましょう。

 

中古車販売店巡りをして優秀店を見極めよう

中古車販売店巡りをして優秀店を見極めよう 

車について情報収集をしたら、中古車販売店に実際に足を運んでみましょう。

 

中古車の購入が成功となるか失敗となるかは、中古車販売店がひとつの重要な鍵となります。

 

実際にお店に行き、店の雰囲気やスタッフの接客態度などを見てみましょう。

 

信頼できるお店やスタッフを見つけることが、納得いく買い物ができるかどうかの分かれ目です。

 

こんな中古車販売店を選ぼう

公取協(自動車公正取引協議会)・中販連(JU)の加盟店か

現在、たくさんの中古車販売店が展開されており、種類も様々です。

 

そのそれぞれが1台として同じ状態のものがない中古車を扱い、保証やサービス内容もまちまちという状況の中、信頼できる店かどうかを判断する一つの基準が、

 

「公取協(自動車公正取引協議会)・中販連(JU)の加盟店かどうか」という点です。

 

公取協(自動車公正取引協議会)

信頼のある中古車販売を推進する団体で、調査や是正措置を行って販売店の質を保っています。

 

中販連(JU)

優良中古車販売店が加盟できる社会法人で、トラブルが発生した際も相談センターが対応してくれるので安心です。

 

どちらにも加盟していない中古車販売店も存在しており、そのほとんどが悪質な商売方法だったりトラブルが多発している販売店だったりします。

 

また、何かあっても解決されにくいので、中古車販売店は公取協(自動車公正取引協議会)・中販連(JU)に加盟しているところを選びましょう。

 

展示されている車や店内がキレイ

展示されている車がキレイだと、中古車に対する扱い方が良い店だといえます。

 

また、店内の清掃が行き届いていたり、整理整頓されている店は、訪れた人をもてなそうという姿勢が感じ取れます。

 

質の高いスタッフがいる

良いスタッフと出会うことは、安心して中古車を買えるようにするために大切です。

 

中古車選びの際や購入後のトラブルなども、信頼できるスタッフがいれば何かと相談しやすく心強いでしょう。

 

スタッフが信頼できる人間かどうか見極めるには、下記が参考になります。

 

  • 接客態度や言葉使いが丁寧
  • 質問には誠実に答えてくれる
  • 車のメリットとデメリット両方説明してくれる
  • 保証内容などについて詳しく説明してくれる

 

試乗をさせてくれる

中古車を買うなら試乗は必須です。

 

中古車は1つとして同じ状態がないので、実際に乗ってみて乗り心地などを問題がないか確かめなければなりません。

 

稀に試乗を断っている販売店もありますが、実際の運転で気付けるトラブルもあるので、必ず試乗ができるところで買いましょう。

 

こんな中古車は避けよう!

こんな中古車は避けよう! 

走行距離が短い方がいい、年式は新しい方がいい、など、中古車はこういうものが良い!という希望は、あげればきりがありません。

 

そして、そんなにたくさんのことを条件に中古車を探しても、該当車はそうやすやす見つからないでしょう。

 

まずは、絶対に買わないほうがいい中古車を知り、理想通りのものがなくても下記のような中古車は買わないようにしましょう。

 

これらを避ければ、買ったあとすぐ壊れたり、トラブルの元になりそうな中古車を買わされたりといった最悪なことは、ある程度防げるでしょう。

 

整備履歴がない

整備履歴は、その中古車の過去の状況を示す大切な情報です。

 

これがない車は、メンテナンスがしっかりされていない可能性があります。

 

エンジン音に違和感

ボンネットをあけてエンジン音を聞いた際、違和感のある音がした場合は不具合がある、または故障の前兆であることがあります。

 

車に詳しくなくても、慎重にエンジン音を聞けば変な音に気付けるそうです。

 

妙に高い音が混じっていたり、何かがカタカタぶつかるような音がしたりした場合は買わないようにしましょう。

 

ドアなどの隙間に間隔の差がある

車には、ドアやボンネット、トランクなど、扉があるところに隙間があります。

 

ドアなどを閉めた状態で、その隙間の間隔を見てみましょう。

 

左右で間隔が違う場合は、過去に大きな事故を起こしたり大掛かりな修復をしたりした可能性があります。

 

ゆがみなどが生じていることも考えられるので、買ってもすぐ故障するなどのトラブルを招く恐れがあります。

 

メーターが改ざんされている

メーターの改ざんとは、メーターを巻き戻したり走行距離が短いメーターに変えたりして、実際の走行距離を偽ることを言います。

 

例えば、走行距離10万kmの中古車を3万kmと偽って販売している悪徳業者も存在します。

 

メーターが改ざんされているかどうかは、内装をチェックすることで見極められます

 

下記の項目をチェックし、メーターが示す走行距離に見合った消耗の仕方かどうかを確認しましょう。

 

  • シート・・・運転席が助手席よりも明らかにくたびれている場合はメーター改ざんの疑いあります。
  • ハンドル・シフトレバー・・・他の個所と比べてハンドルやシフトレバーが著しく摩耗している場合は、メーター改ざんの疑いあります。
  • ペダル・・・ペダルには表面に滑り止め加工がされていますが、それがすり減ってつるつるになっているかそうなりそうな車はメーター改ざんの疑いがあります。

 

“修復歴あり”の中古車

“修復歴あり”と表示されて売られている、いわゆる修復歴車は要注意です。

 

修復歴車とは、車において重要な部分を破損し、修復したことがある車です。

 

完全に修復されているものは問題ありませんが、それを見抜くのはなかなか難しいことがあるので、不安な場合は避けたほうが無難です。

 

修復歴車について詳しくはこちら
⇒修復歴・事故歴のある車って売ることできる?買う時のメリットは?

 

中古車の保証について

中古車の保証について 

中古車選びの重要なポイントとして、保証内容があげられます。

 

新車には必ず付帯している保証が、中古車は保証なしで売られているものもあります。

 

保証がない中古車は、その分車両価格が安くなるので魅力的に見えますが、実は大損のもとになりかねません。

 

中古車購入後のトラブルで多いのは、“買ってすぐ不具合が出た”というものです。

 

保証なしのものだと、購入後のメンテナンスはすべて自分で工面しなければなりません。

 

修理を繰り返したりすぐに乗れなくなったりと、結局お金がかかってしまうことになる可能性があるので、必ず保証付きの中古車を選ぶようにしましょう。

 

中古車の保証内容

一般的に、中古車には以下のような種類の保証があります。

 

新車の保証を継続しているもの

下記の条件を満たしていれば、新車時の保証をそのまま継続できる中古車もあります。

 

  • 登録から5年以内または走行距離が10万km以内
  • メーカーの整備手帳がある

 

メーカーによって保証内容が違いますが、メーカーの保証を継承できるのは中古車を買う上で一番安心できる保証内容だと考えられます。

 

中古車を買う際は、メーカー保証が残っているかどうかを確認するといいでしょう。

 

中古車販売店独自の保証

新車の保証を継承できないものは、ほとんどの場合、中古車販売店独自の保証が付帯されます。

 

保証内容は販売店によって様々なので、保証内容も比較検討しながら中古車販売店を選ぶのが一番です。

 

しかし、下記のような保証内容であれば、保証がないに等しいといえるので注意が必要です。

 

  • 「何かあれば対応しますから」と口約束で済まそうとする
  • 保証期間や距離が「1ヶ月1,000kmまで」「3ヶ月3,000kmまで」と極端に短い
  • 保証対象部品がエンジンやミッションのみと少ない
  • 故障した場合のレッカー代などが有料
  • 具体的な保証箇所が記載されていない
  • 部品代のみ無料で修理代は有料
  • 修復歴車や年式10年オーバー、走行距離10万kmオーバーは対象外

 

中古車の値引き交渉術

中古車の値引き交渉術 

良いものをなるべく安く買うために、中古車の値引き交渉術を紹介します。

 

中古車は、1台1台コンディションがすべて違うので、他店と競合させようとしてもあまりうまくいきません

 

ポイントは以下の4つです。

 

買いたい車が決まってから交渉する

ある程度買いたい中古車が決まっていないと、値引き交渉をしようとしても相手にされません。

 

「こういう車が欲しい!しかし予算はこれだけ」

 

といったように、買う意思があることを明確に伝えて初めて値引きの相談に応じてもらえます

 

まずはどういう車が欲しいか、だいたいの目星をつけましょう。

 

無理に値引きは迫らない

無理に値引きをさせようとすると、販売店側もいい印象を持ちません。

 

中古車の値引きといえど、人間対人間で交渉していくので、相手に悪い印象を与えてしまうことは不利になります。

 

なので、しつこく値引きをすがることは厳禁です。

 

他店でも中古車探しをしていることを伝える

同じ状態のものがない中古車ですが、販売店もやはり他店にお客を持っていかれるのは避けたいでしょう。

 

車の絞り込みを行う時点で

 

「他店でも探してもらっていて、比較検討したいから見積りを出してください」

 

と言ってみましょう。

 

その際の見積り時には無理でも、次に来店する際は値引きしてもらえるかもしれません。

 

諸経費で値引きを狙う

中古車の総額には、名義変更や車庫証明申請など、販売店側が行う手続き代行費用や整備費用が含まれています。

 

こういった費用は値引きされやすいといわれているので、交渉してみましょう。

 

自分で書類を出しに行くなどをすれば、手続き代行費用をカットしてもらいやすくなります。

 

また、整備費用は値引き材料とするために販売店側が少し高めに設定している場合があります。

 

交渉してみると、すんなり応じてくれるかもしれません。

 

その他のサービスをお願いしてみる

欲しい車が思ったより安くならなかった場合は、オプションやアフターサービス、修復サービスで交渉してみるのもありです。

 

安く、あるいは無料で消耗品をサービスしてもらえないか、現状で車にある傷やへこみを修復してもらえないか、など、聞いてみましょう。

 

こういうところでサービスしてもらうのも、良いものを安く手に入れるコツとなります。

 

中古車を購入する際の支払いについて

中古車を購入する際の支払いについて 

支払いのタイミング

中古車を買うとき、支払いは納車までに済ませる方法をとっているところが多いですが、支払いのタイミングは販売店よってさまざまです。

 

納車時にすべて支払う方法をとっているところもあれば、契約時にいくらかを払い、納車までに残りを払うという方法をとっているところもあります。

 

ローンを組んだ際の頭金なども、販売店によって支払いのタイミングが違ってきます。

 

なので、支払う時期は販売店に確認しておきましょう。

 

また、現金で支払える販売店や、振り込みしか対応していない販売店など、システムが販売店によって違うので注意しましょう。

 

支払い方法

支払い方法に関しては、以下3つが一般的です。

 

一括払い

メリット

  • 支払いがいっきに終わる
  • 金利などが必要ないので一番無駄が少ない

 

デメリット

  • まとまったお金が必要なので負担となる
  • その後の生活に影響を及ぼす可能性がある

 

ローン

メリット

  • まとまったお金が必要ない
  • 分割なので1回の負担額が少ない

 

デメリット

  • 金利などで支払いの総額が高くなる
  • ローンの審査が必要

 

中古車ローンの頭金について詳しくはこちら
⇒中古車の頭金の相場ってどのくらい?頭金なしでも大丈夫か?

 

クレジットカード

メリット

  • まとまったお金が必要ない
  • ローン審がいらない
  • ポイントが貯まる
  • リボ払いなどクレジットカードに付帯されている支払い方法が選べる

 

デメリット

  • 支払い方法によっては金利が加算される
  • 販売店側が対応していないことがある

 

クレジットカードは一見メリットが多いように感じますが、利用すると販売店側がカード会社に手数料を支払わなければなりません。

 

なので、値引き交渉が難しくなったり、手数料を請求されたりといったこともあります。

 

また、クレジットカード枠は50万円までと制限している販売店もあるので、注意が必要です。

 

中古車の任意保険について

中古車の任意保険について 

任意保険とは

交通事故を起こしてしまった際、賠償金が課せられることがあります。

 

事故の内容や相手の怪我の具合によっては、億単位の請求となることも。

 

自賠責保険だけではカバーしきれない損害賠償責任を負ったとき、この任意保険がある程度まで賄ってくれます。

 

そのため、納車までに必ず任意保険に入りましょう

 

任意保険の種類

販売店経由

中古車販売店と代理店契約を結んでいる保険会社を選び、中古車を買った販売店に加入手続きしてもらえる保険です。

 

販売店経由の保険を選ぶ際は、納車までに加入できるかどうかよく確認しておきましょう。

 

メリット

  • 中古車購入と一緒に販売店に加入手続きをしてもらえる
  • 自分で保険会社を探したり手続きしたりしなくていい

 

デメリット

  • 数社の保険会社としか代理店契約を結んでいないので、選べる保険会社が少ない
  • 代理店手数料がかかるので保険料が高くなる

 

ダイレクト保険

インターネットなどを使って、自分で保険会社を選択して加入する保険です。

 

メリット

  • たくさんの選択肢のなかから、自分のカーライフに合ったものを選べる
  • 代理店手数料を支払わなくて済むので、保険料が安くなる

 

デメリット

  • 自分で探さなければならないので、手間がかかる

 

 

ダイレクト保険の加入手続きの方法

ダイレクト保険加入に関しては、見積りから保証の開始まで約2週間かかります。

 

中古車購入の契約後、すぐに動きだすのがいいでしょう。

 

加入手続きの手順は、以下がおすすめです。

 

車検証のコピーをもらおう

ダイレクト保険の見積りには、車検証の情報が必要になります。

 

中古車購入の契約書を交わしたら、そのときにある車検証のコピーを手に入れておきましょう

 

また、下記情報も見積り時に必要になる可能性があります。

 

スタッフに教えてもらってメモしておくといいでしょう。

 

  • メーカー・車種
  • ABSがあるか
  • 運転席にエアバックがあるか
  • 助手席にエアバックがあるか
  • 横滑り防止装置があるか
  • 低公害車かどうか
  • 衝突安全ボディかどうか
  • イモビライザーがあるか

 

インターネットの自動車保険無料一括見積りサイトを利用しよう

ダイレクト保険を選ぶ際は、自動車保険無料一括見積りサイトが便利です。

 

車検証の情報をもとに簡単な情報を入力するだけで、自分に合った各保険会社の見積りがメールや郵送で届きます

 

そのなかから比較検討し、最適な保険会社を選びましょう。

 

 

中古車の名義変更手続き後に保険の加入手続き

中古車の名義変更手続きが完了し、新しい車検証が発行されたあとは、名前や住所が間違っていないかを確認するためにそのコピーを手に入れましょう。

 

車検証に問題がなければ、インターネットから任意保険の加入手続きを行いましょう。

 

保証の開始

加入手続きから保証が開始されるまで、約1週間かかります。

 

それまでに納車されても保証がスタートしていないので、納車日は保証が開始された後になるように調整しましょう。

 

納車で安心しないで!最終チェックが大切

納車で安心しないで!最終チェックが大切 

すべてが整えば、いよいよ納車です。

 

欲しいと思っていた車が手元にくる瞬間は、とても心躍りますよね。

 

しかし、ここで気を抜いてはいけません。

 

購入した中古車について以下のことに注意し、最終チェックを行いましょう。

 

新しい傷や凹みはないか

中古車とはいえ、新しい傷や凹みは遠慮したいもの。

 

納車時に、買った際にはなかった傷などがないかチェックしましょう。

 

依頼した通りの仕様になっているか

修理や部品の交換などを依頼した場合は、車がその通りになっているか確認しましょう。

 

必要書類が揃っているか

必要書類は、基本的に以下となっています。

 

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税書

 

内容もチェックし、名義人や住所などに間違いがないか確認しましょう。

 

契約から納車までにかかる期間について詳しくはこちら
⇒中古車を買ってから納車されるまので最短時間とは

 

中古車を購入する際は、まず予算を決めなければなりません。

 

そして、自分にとって必要な車はどういうものなのか、車の情報収集をしながら決めていく必要があります。

 

その後も、販売店巡りや見積り、交渉など、納車に至るまでには様々なステップを踏まなければなりません。

 

知識がないままに中古車を購入してしまっては、悪徳業者に騙されたり車種選びに失敗したりする可能性もあります。

 

このサイトでは、そういったことを回避するために把握しておいたほうがいい最低限を紹介しています。

 

中古車は1台として同じコンディションのものがないので、知っておいたほうがいいことは数えきれないほどあります。

 

もちろん、そのすべてをお伝えすることも、頭に入れておくことも不可能です。

 

しかし、気になることはその都度インターネットなどで調べて、疑問点や不安な点を潰していきながら納得いく買い物ができるようにしましょう。

Facebook


inserted by FC2 system