初心者でも最高売却額を引き出せる!?絶対損をしない車買取業者との交渉術

初心者でも最高売却額を引き出せる!?絶対損をしない車買取業者との交渉術 

車を高額売却できるか否かは、複数社に査定依頼をして高額買取してくれる業者を探すことが重要です。

 

そして、車買取業者と価格交渉がうまくできるかどうかも、とても重要になってきます。

 

ここでは、初めて車を売る人でも高額売却に近づける、車買取業者との交渉術についてお話します。

 

価格交渉のポイントを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

希望額は自ら言わない

希望売却額は、査定依頼をした際や訪問査定の際、必ずといっていいほど聞かれます。

 

この質問に安易に答えてしまうと、高額売却から遠のく恐れがあります。

 

相場より低い価格を言ってしまう可能性があるからです。

 

事前にインターネットなどで愛車の相場を調べるなどをしている人もいるかもしれませんが、中古車の相場は日々変動し、また、業者の得意車種であればそれ以上の価格で取引が可能な場合もあります。

 

なので、いくら前もって調べたとしても安易に希望額を言わないほうがいいでしょう。

 

言ってしまうと、それ以上査定額が上がらなかったり、安く買い叩かれたりすることがあります。

 

「高ければ高いほどいいですね」

 

などと言って、希望額を口にするのはやめておきましょう。

 

他社の査定額は最後まで口にしない

他社の査定額は最後まで口にしない 

他社がどのくらいの査定額を提示したかは、査定時に聞かれる頻度が高い質問事項です。

 

しかし、これに簡単に答えてしまうと、業者は他社の金額より少しだけ高い価格を提示するにとどまってしまいます

 

本当はもっと高額買取できるにも関わらず、です。

 

査定依頼した全業者の査定が終わるまで、他社の査定額を教えないようにしましょう。

 

即決はしない

「今すぐ決めてくれるなら○円で買い取ります」

 

と、査定時に即決を迫る業者がいますが、これに応じてはいけません。

 

このように言う業者は“即決させて安く買い取ろう”という魂胆なので、ここで提示された金額は高い確率で最高額ではありません

 

「他社と比較して決めたいので」

 

などと言って交わし、即決するのを避けましょう。

 

他にも気を付けたい営業トークはこちら
⇒車買取業者のこんな営業トークには気を付けろ

 

価格競争させる

価格競争させる 

高額売却するには複数社に査定額を出してもらうことが必須ですが、大事なのはそのあとです。

 

業者同士に価格競争をさせましょう。

 

他社の査定額を他社に公開するのは、この段階です。

 

例えば、査定額が以下だったとします。

 

  • A社75万円
  • B社60万円
  • C社57万円

 

最高額を提示してくれたA社の75万円をB社とC社に言い、

 

「75万円以上で高く買い取れますか?」

 

と聞いてみましょう。

 

「75万円以上は難しい」

 

と言われたら、売却先は最初に最高額を提示したA社で決まりです。

 

ここで、B社かC社がA社より高い金額を再提示すれば、今度はその金額をA社に言ってみましょう

 

A社がそれ以上の金額を再提示してくれたら、A社との契約を決めましょう。

 

A社が最高額を再度提示するのが難しければB社 or C社で決まりです。

 

このように価格交渉をすると、最高額を導き出せます

 

しかし、価格競争させるのはこの1回だけにしましょう。

 

「何回かこれを繰り返したらもっと価格が上がるかも・・・」

 

と、欲を出してはいけません。

 

相手も人間ですから、しつこく交渉をすると契約を嫌がられたり、気持ちよく取引することができなくなったりします。

 

担当者の感情を揺さぶる

最後に価格交渉をする業者には、“ぜひあなたと契約がしたい”という気持ちを前面に押し出し、担当者の感情を揺さぶるような一言を言ってみましょう。

 

「他社が○円で買い取ると言ってくれたんですが、契約はぜひあなたとしたいので、これと同等かこれよりも高い価格で買い取ってくれませんか?」

 

と言うと、1万でも2万でも高い価格にしてくれたり、査定額は同じでも他の方面でサービスをしてくれたりするかもしれません。

 

以上が、愛車を高額売却するための交渉ポイントです。

 

なかでも、即決は損をする可能性が高いので絶対にやめましょう。

 

また、希望額や他社の査定額を査定時に言わないなど、こちらの手の内を見せないのも交渉を有利に進めていく上で大事なこととなります。

 

また、大事な愛車を売る立場ですが、あくまで人間対人間で取引するということを忘れてはいけません。

 

高飛車な態度やしつこく査定額アップを迫るのはやめましょう。

Facebook


inserted by FC2 system