新車を買うときに選ぶ基準とした一番のポイントについてアンケートを行いました。

新車を買うときに選ぶ基準とした一番のポイントについてアンケートを行いました。

最近、「新車がほしい……」と考えている人もいるのではないでしょうか。

 

もともと乗りたい車があったり、今乗っている車に飽きてきたり、理由はそれぞれにあるでしょう。

 

ただ、安い買いものではありませんから、そう簡単に買うことはできません。

 

車の購入資金をつくるにしても、短期間では困難です。

 

そんなときは、欲しい車を具体的に探しはじめてみることをおすすめします。

 

欲しい車が決まれば目標ができて、お金も貯めやすくなるかもしれません。

 

そこで、皆さんの新車選びがスムーズに進むように、新車を購入した経験のある人を対象にした「新車を買うときに選ぶ基準とした一番のポイントを教えてください」のアンケート結果をご紹介します。

 

では、集まった皆さんのリアルな声を見てみましょう!

 

新車を買うときに選ぶ基準とした一番のポイントアンケート調査 

 

外観の好み
  • 沢山の車種の中から、自分が心から欲しい車を選び抜き購入しました。(男性・北海道40歳)
  • 実用性ももちろんですが、それに加えて楽しんで乗りたかったので、デザイン的に好みの車を選びました。(男性・新潟県47歳)
  • 2台買ったが、そのどちらもが、まずは見た目から気に入ったものをいくつか選び、そのあとで性能や価格などを総合的に判断して選定した。(男性・兵庫県41歳)

 

 

メーカー・車種へのこだわり
  • 昔から好きだったメーカーの車に乗りたかったから。(男性・埼玉県39歳)
  • 乗るなら好きなメーカー・車種が良いと、選んだ。同じお金を使うなら、好みを優先した。(男性・千葉県19歳)
  • メーカーも車種も車のステータスとして大事にするものだから。(男性・広島県24歳)

 

 

トータルの維持費
  • 安い買い物ではないので、やはりトータルの維持費は低く抑えたいです。(男性・山形県28歳)
  • 長距離運転することが多いので乗り心地も気になるが燃費や維持費が一番気になる。(女性・兵庫県34歳)
  • 何年も使うものなので、購入費用だけでなく、維持費用も気になります。(女性・大阪府33歳)

 

 

車内の広さ
  • 車内が広いことで圧迫感を感じずに快適な移動を行うことができるから。(男性・栃木県32歳)
  • 車内が狭いとストレスを感じやすいので、広い方を選びたいです。(男性・東京都26歳)
  • やはり友人を乗せる事を考えると広いほうが良いから。(男性・愛知県29歳)

 

 

乗車定員の多さ
  • 個人的な好みとしては、大きい車は好きではないが、家族がいるので乗車定員は重要になってしまう。(男性・愛媛県40歳)
  • いくら形や色が良くても乗車人数が少なければ移動の時などに不便を感じる為。(男性・神奈川県36歳)
  • キャンプやアウトドアなどのレジャーで使用する目的で購入したので、乗車定員と荷物の積載量を重視してワイドボディのSUVを選び、友人や家族がゆったり快適に乗れることも重視した。(男性・三重県48歳)

 

 

ハンドルの持ちやすさ
  • ハンドルが自分に合っていないと運転に支障をきたすため。(女性・宮城県36歳)
  • 運転のし易さですね。まずハンドルの重さや軽さを確認しましたね。(男性・神奈川県45歳)
  • ハンドルが革でないと絶対に嫌なためそこはこだわった。(男性・静岡県34歳)

 

 

シートのフカフカ感
  • 長時間のドライブを考えると、ほぼ同じ姿勢が続くので、すわり心地の良い物の方がいい。(男性・広島県34歳)
  • 腰痛持ちなので自分の腰にあったシートであるかまた高さも調整できるかを重視して選択しました。(男性・神奈川県37歳)

 

 

乗り降りのしやすさ
  • 出入り口となるところですから重要なポイントです。(男性・山形県38歳)
  • この先何年も乗るんだから乗り降りが大変な様では嫌になる。(男性・愛知県43歳)

 

 

アンケート結果のまとめ

 

アンケート結果によると、「外観の好み」「メーカー・車種へのこだわり」「トータル維持費」が僅差で並びました

 

ほぼ同数であり、新車を買う上ではこれらのポイントが重要視されていることが分かります。

 

それぞれの項目を詳しく見てみましょう。

 

外観の好み

実用性ももちろんですが、それに加えて楽しんで乗りたかったので、デザイン的に好みの車を選びました。(男性・新潟県47歳)」とあるように、車の外観は乗る楽しみに繋がるポイントです。

 

車とひと口にいっても多岐にわたる種類があり、一つひとつを細かく見ていてはかなりの時間を要してしまいます。

 

外観の好みで探せば時間を要すこともありませんし、はじめからいくつかの選択肢に絞り込むことができてとても効率的です。

 

メーカー・車種へのこだわり

こちらも外観の好みと共通するところがありますが、それに加えてブランド力を重視する人がこの回答を選んでいるようです。

 

メーカー・車種のブランドには高級・安全・デザイン性といったそれぞれの特長が備わっているため、車選びの指標として役立てやすいのかもしれません。

 

トータルの維持費

車を所有するうえで、どうしても付きまとうのが維持費です。

 

どれだけ気に入った車種でも維持費が高ければ誰でも躊躇してしまうはず。

 

しかも、回答にもあるとおり長年使い続けるモノであり、経済的負担となるのはできるだけ避けたいところです。

 

そのため、燃費・車検日・修理費をはじめとする維持費を気にする人が多いのは、当然の結果だといえます。

 

これら3つの数値を合計すると全体の約7割にも達するため、新車を買うときの3大要素だといえます。

 

ただ、皆さんにも新車を買うときの基準があると思います。

 

こちらのアンケート結果はひとつの参考程度にして、自分に合った車を探してみてください。

Facebook


inserted by FC2 system