車を売却するときは自賠責保険と任意保険ってどんな手続きが必要?

車を売却するときは自賠責保険と任意保険ってどんな手続きが必要? 

車を売却するときは、いろいろな手続きが発生します。

 

そのなかでも、意外と忘れられがちなのが自動車保険の手続きです。

 

自動車保険には大きく分けて自賠責保険と任意保険の2つがあります。

 

車の売却時、それぞれの保険に対してどのような手続きが必要なのでしょうか。

 

特に任意保険は、間違った方法で手続きをしてしまうと損をすることもあるので、どういったやり方があるのかを知っておきましょう。

 

自賠責保険は何もしなくていい?

自賠責保険とは、車を使用する際に加入が義務付けられている保険で、車検毎に更新するのが一般的です。

 

自賠責保険は、誰がどこで加入しても補償内容や保険料が同じです。

 

そして、人ではなく車自体にかけられているものなので、売却時に車の名義変更が行われれば、自賠責保険の名義もおのずと変更されるのです。

 

そのため、車を売却しても自賠責保険に関しては何の手続きも必要ありません。

 

車の名義変更さえちゃんと行われれば何の問題もないのです。

 

任意保険は手続きが必要

任意保険は手続きが必要 

任意保険は任意で加入する自動車保険なので、契約者によって補償内容や保険料などがさまざまです。

 

保険の対象は車ですが、契約自体は契約者に対して結ばれていることになっているので、車を売却する際はそれに伴った手続きが必要になります。

 

任意保険の手続き方法

  • 新しい車に乗り替えるときは・・・車両変更手続き
  • 手放すけどいずれまた乗るかもしれない・・・中断手続き
  • 手放してもう乗らないときは・・・解約手続き

 

任意保険は等級制度となっており、保険を使わなければ1年ごとに等級が上がっていき、保険料の割引率が多くなるという仕組みになっています。

 

解約してしまえば、次に契約するときはまた保険料の割引率が少ない低い等級からスタートしなければなりません。

 

しかし、旧い車を売却しても新しい車に乗り替える場合、車両変更手続きをすれば等級を新しい車でも引き継げるので、保険料の割引率も変わりません。

 

売却後すぐにとはいかないけど、いずれまた車を所有するかもしれないという人は、中断手続きをしましょう。

 

新規契約は6等級スタートなので、7等級以上であれば中断手続きをすることをおすすめします。

 

中断手続きをすることによって得られる中断証明書を持っていれば、10年間は等級をそのまま保つことができます。

 

もうまったく車に乗らないという人や保険等級が6等級の人は、解約手続きをしましょう。

 

任意保険の新車割引

  • 保険開始日が契約車両の初度登録から25ヶ月以内
  • 割引率や条件は保険会社によって違う

任意保険は、保険開始日が契約車両の初度登録から25ヶ月以内であれば、1年間新車割引を受けることができます。

 

つまり、新車割引は最長3年間適用されることになります。

 

新車を買う場合は、保険期間の途中で乗り替えるのではなく保険満期日ぎりぎりで乗り替えると、新車割引の恩恵をより長く受けることができます

 

割引率や対象車種などは保険会社によって違うので、直接保険会社に確認するといいでしょう。

 

また、新車割引自体を実施していない会社もあるので注意しましょう。

 

任意保険中断証明書とは

任意保険で中断手続きを行うと、中断証明書が発行されます。

 

これを持っていれば、10年間は任意保険の等級がそのままなので、再び車を所有した際も中断手続き前の等級を引き継ぐことができます。

 

中断証明書が取得できる車の手放し方

  • 廃車(永久抹消・一時抹消)
  • 譲渡、リース業者への返還
  • 契約自動車の車両入替
  • 車検切れ
  • 盗難
  • 災害
  • 記名被保険者の長期海外渡航

 

中断証明書の取得はいつでもできるわけではなく、上記の理由で車に乗れない場合にのみ発行してもらえます。

 

「あれ?売却って入ってないじゃん」

 

と、思うかもしれませんが、売却は譲渡とみなされるため正当な事由となります。

 

中断証明書取得のための必要書類

  • 中断証明取得依頼書・・・保険会社発行のもの
  • 自動車保険証券(任意保険証書)・・・任意保険加入時に発行される証書
  • 中断理由を証明する公的書類・・・下記表参照

中断理由を証明する主な公的書類

永久抹消・一時抹消譲渡
リース業者への返還

その事実と日付が確認できる公的資料の写し

「登録事項等証明書」「譲渡証明書」など

契約自動車が車両入替 別契約の車両入替のための「承認請求書」「承認書」
車検切れ

その事実や有効期間満了日を証明できる資料の写し

「車検証」「検査記録事項等証明書」

盗難 盗難届の写しとそれを提出した警察署名
記名被保険者の長期海外渡航 何が公的証明書になるか保険会社に要確認

 

中断後に等級を引き継いで新たに保険を契約するための主な条件

  • 中断日から新しい保険の契約開始日までの期間が10年以内である
  • 中断前の車と車の用途や車種区分が同じである
  • 新しい車を取得して一ヶ月以内である
  • 車の所有者が中断前と同じか配偶者、同居の親族である
  • 中断前と保険の被保険者が同じであるetc…

中断後に保険等級を引き継ぐには、主に上記の条件を満たしていなければなりません。

 

しかし、細かい条件は保険会社によってさまざまなので確認が必要です。

 

任意保険は解約すると保険料が戻ってくる?

任意保険は解約すると保険料が戻ってくる? 

任意保険料は月払いと年払いが選べ、年払いのほうが約5%安いので、年払いを選択する人が多くいます。

 

しかし、そこで心配になるのが、

 

「年払いしたのに任意保険を途中解約することになったら残りの保険期間分の保険料はどうなるの?」

 

ということ。

 

ご安心ください。

 

年払いした際に途中解約をしても、残りの期間に応じて保険料が返戻金として還ってきます

 

解約返戻金について

  • 解約返戻金=年間保険料×(1-短期率)
  • 短期率・・・残存期間で契約した場合の保険料を表す比率
  • 特に難しい手続きはなく解約手続きの際に同時に行われる

 

短期率表

経過期間

短期率

7日まで

10%

15日まで

15%

1ヶ月まで

25%

2ヶ月まで

35%

3ヶ月まで

45%

4ヶ月まで

55%

5ヶ月まで

65%

6ヶ月まで

70%

7ヶ月まで

75%

8ヶ月まで

80%

9ヶ月まで

85%

10ヶ月まで

90%

11ヶ月まで

95%

12ヶ月まで

100%

 

例えば、年間保険料が10万円だったとして、その保険を6ヶ月で解約した場合の解約返戻金を計算してみましょう。

 

短期率表によると「6ヶ月まで」の短期率は「70%」となります。

 

「解約返戻金=年間保険料×(1-短期率)」に当てはめると

 

10万×(1-70%)=3万円

 

よって、残り30%の3万円が返戻金の額ということになるのです。

 

半年で解約するなら年間保険料の半分が戻ってきそうですが、そうではないのです。

 

自賠責保険の解約返戻金は?

  • 廃車した場合にのみ解約できる
  • 契約した保険会社で手続きが可能

 

自賠責保険も、途中で解約した際は解約返戻金があることがあります。

 

しかし、任意保険のように融通がきくものではなく、廃車手続きによって初めて解約が可能となり、初めて返戻金を受け取れることになるのです。

 

売却や海外渡航などによる解約はできないことになっています。

 

解約返戻金は保険の残存期間に応じて以下が還ってきます。

 

自賠責保険の解約返戻金

保険

残存期間

返戻金

(普通自動車)

返戻金

(軽自動車)

24ヶ月

23,220円

21,750円

23ヶ月

22,240円

20,840円

22ヶ月

21,270円

19,920円

21ヶ月

20,290円

19,010円

20ヶ月

19,310円

18,090円

19ヶ月

18,330円

17,180円

18ヶ月

17,360円

16,260円

17ヶ月

16,380円

15,350円

16ヶ月

15,400円

14,430円

15ヶ月

14,420円

13,520円

14ヶ月

13,450円

12,600円

13ヶ月

12,470円

11,690円

12ヶ月

11,490円

10,770円

11ヶ月

10,530円

9,870円

10ヶ月

9,580円

8,980円

9ヶ月

8,620円

8,080円

8ヶ月

7,660円

7,180円

7ヶ月

6,700円

6,280円

6ヶ月

5,750円

5,390円

5ヶ月

4,790円

4,490円

4ヶ月

3,830円

3,590円

3ヶ月

2,870円

2,690円

2ヶ月

1,920円

1,800円

1ヶ月

960円

900円

 

車は売却したけど自動車保険の手続きを忘れてた!

車は売却したけど自動車保険の手続きを忘れてた! 

自賠責保険の手続きをしていなかったら・・・

車の名義変更さえ適切に行われていれば、自動的に自賠責保険の名義も変更になるので、自賠責保険に関しては基本的に手続き不要です

 

しかし、

 

「車を売却したのに自賠責保険の更新のはがきが届いた」

 

という話は、実は少なくありません。

 

この場合は車の名義変更がされていないことになるので、速やかに売却先に確認をとりましょう。

 

自賠責保険は、名義人で判別されているわけはなく車台番号で判別されています。

 

名義変更されていなくても、売却済みの車であれば保険料を支払う必要はありません。

 

しかし、そのままの状態で事故が起こると、保険処理に時間がかかったり元の名義人が何かしらの手続きをしなければいけなかったりと、手間になることがあります。

 

また、保険だけでなく自動車税などの問題も出てくるので、なるべく早く名義変更してもらうようにしましょう。

 

任意保険の手続きをしていなかったら・・・

売却時に任意保険の手続きをし忘れていた場合、過去にさかのぼって解約することができません

 

解約を申し出たその日以降に解約するしかないので、保険料を無駄に支払うことになったり解約返戻金が少なくなってしまったりします。

 

売却時は忘れずに手続きするようにしましょう。

 

車を売却する際、自賠責保険に関しては車の名義変更さえ行われていれば特別な手続きをする必要はありません。

 

しかし、任意保険は手続きが必要になります。

 

その際、状況によって下記3つの手続き方法があることを知っておきましょう。

 

  • 車の乗り替え⇒車両変更手続き
  • 手放すけどいずれまた乗る⇒中断手続き
  • 手放してもう乗らない⇒解約手続き

 

中断手続きでは中断証明書が発行され、10年間保険等級を維持することが可能です。

 

中断手続きや解約手続きで途中解約する場合は、解約返戻金が受け取れる場合があります。

 

また、自賠責保険でも廃車などによって途中解約が可能で、返戻金を受け取れることがありますが、売却する際は受け取れないことになっています。

 

任意保険は過去にさかのぼって解約することができないので、売却する場合は特に任意保険の手続きを忘れずに行いましょう。

 

Facebook


inserted by FC2 system