車処分するには2つの方法とは-廃車するより売却しよう

車処分するには2つの方法とは-廃車するより売却しよう 

長い間、車社会の日本で生活していれば、

 

  • 必要なくなった
  • 故障して動かなくなった車
  • 事故で著しく破損してしまった車
  • 転勤などの環境の変化で使わなくなった

 

など、車を処分しなければならないことが少なからずあるでしょう。

 

車処分して手放す方法には、大きく分けて下記2つの方法があります。

 

 

廃車で車を処分する

廃車とは、廃車手続きを行い、車を破棄することです。

 

廃車手続きには、下記の2種類があります。

 

  • 一時抹消登録・・・一時的に車の使用を止める
  • 永久抹消登録・・・二度と乗れない状態にする

 

一時抹消登録について

一時抹消登録について

長期間なんらかの理由で車に乗らないのであれば、車を一時的に廃車状態する一時抹消登録がいいでしょう。

 

一時抹消登録をすると、その期間の自動車税を支払わなくて済み、すでに自動車税を支払っている場合でも、還付を受けることが可能です。

 

また、一時抹消登録をした車は申請をすれば再び公道を走らせることができます。

 

乗るかどうかわからないけど手放したくはない、また乗る可能性があるなどであれば、一時抹消登録をしておくと自動車税を支払わずに手元に置いておけます。

 

一時抹消登録の手続き方法

場所

管轄の陸運支局
※軽自動車は軽自動車協会

必要書類
  • 所有者の印鑑証明書 ※発行日から3ヶ月以内のもの
  • 所有者の実印 ※軽自動車は認め印
  • 車検証
  • ナンバープレート ※前後2枚

※所有者以外の代理人が手続きする場合は委任状が必要(所有者の実印押印
※車検証と印鑑証明書の住所が違う場合は住民票が必要

手続き方法
  1. 窓口で申請書・手数料納付書を購入し、必要事項を記入
  2. 手数料納付書に350円の印紙を貼付ける
  3. ナンバープレートを返却
  4. 必要書類を窓口に提出
  5. 一時抹消登録証明書を発行してもらう

    ※軽自動車は自動車検査証返納証明書

 

永久抹消登録について

永久抹消登録について

二度と乗らない車を廃車するのであれば、永久抹消登録となります。

 

自動車税の支払いを止めることができ、車検が1ヶ月以上残っている状態で手続きをする場合は自動車重量税も還付してもらえます。

 

しかし、一度手続きしてしまえばその車は二度と公道を走れません

 

また、永久抹消登録をするには対象の車を解体する必要があるので、手続きの前に解体業者に車を引き渡し、解体証明書を受け取らなければなりません。

 

そして、解体業者から下記の連絡が来てからでないと手続きできないのです。

 

  • 移動報告番号
  • 解体記録日

 

これらの連絡がくるのに、数ヶ月かかることもあります。

 

手間も時間もかかってしまいますね。

 

永久抹消登録の手続き方法

場所

管轄の陸運支局
※軽自動車は軽自動車協会

必要書類
  • 所有者の印鑑証明書 ※発行日から3ヶ月以内
  • 所有者の実印 ※軽自動車は認め印
  • 車検証
  • ナンバープレート ※前後2枚

 

※所有者以外の代理人が手続きする場合は永久抹消登録用の委任状が必要
所有者の実印押印

 

※車検証と印鑑証明書の住所が違う場合は住民票が必要

手続き方法
  1. 窓口で申請書を購入し、必要事項を記入

    ※移動報告番号・解体記録日を記入

  2. 自動車重量税の還付がある場合は還付のための振込口座を記入
  3. ナンバープレートを返却
  4. 必要書類を窓口に提出
  5. 自動車重量税の還付がある場合は自動車重量税還付申請書付表1を発行してもらう

     

    ※永久抹消登録についての書類は何も発行されません

 

窓口で作成する書類は、書類作成を代行してくれる代書屋を利用すれば1,000〜3,000円で書類を作成してもらえます。

 

廃車にかかる費用について

廃車にかかる費用について

一時抹消登録をするにしても、永久抹消登録をするにしても、車を廃車する際には費用がかかります

 

その内訳は多くの場合

 

  • 抹消登録費用
  • リサイクル料金 ※永久抹消登録のみ
  • 解体費用 ※永久抹消登録のみ

 

などから成り立っています。

 

抹消登録費用

  • 一時抹消登録・・・350円 + 書類代数百円
  • 永久抹消登録・・・書類代数百円

 

リサイクル料金

2005年に自動車リサイクル法が施行されたため、リサイクル料金を払わなければ廃車できなくなっています。

 

リサイクル料金は新車購入時や車検時に支払う仕組みとなっており、その証明としてリサイクル券が発行されています。

 

そのため、廃車時に改めてリサイクル料金を支払う必要はないのですが、解体処理にリサイクル券が必要なことがあるので、解体業者に持参しましょう。

 

「リサイクル券がない!」

 

という方も、ご安心ください。

 

自動車リサイクルシステム公式サイトから、自動車リサイクル料金の預託状況を確認することができます。

 

印刷すればリサイクル料金を既に支払い済みであるという証明にもなるので、焦る必要はありません。

 

『自動車リサイクル料金の預託状況』の確認はこちらから
自動車リサイクルシステム公式サイト「自動車ユーザー向け」

 

自動車リサイクル法についてはこちら
自動車リサイクル法とは

 

解体費用

解体業者に車の解体を依頼する際にかかる費用で、リサイクル料金を支払っている場合は解体費用が必要ありません

 

しかし、自走できない車は引き取り費用が必要になります。

 

自分で車を持ち込める場合は、解体にかかる費用は0円で済むことがほとんどです。

 

それどころか、車のボディに使用されている鉄には価値があるため、鉄代として3,000〜30,000円、業者から支払ってもらえることがあります。

 

鉄の料金はそのときの相場や車種などによって変動します。

 

廃車手続きは代行できる?

廃車手続きは代行できる?

車を廃車するのにお金はあまりかかりませんが、時間や手間が必要になってきます。

 

特に、手続き場所である陸運支局や軽自動車協会は平日しか開いていないので、都合がつかない人も多いでしょう。

 

そんなときは、下記に廃車代行手続きを依頼することができます。

 

ディーラー

ディーラーに廃車の依頼をすると、車の解体から書類の手続きまで、すべてを代行してもらえます

 

費用はその分必要になりますが、丸投げできるので忙しい人にとっては助かるでしょう。

 

廃車代行費用・・・10,000〜80,000円

 

行政書士

行政書士は書類の手続きのプロなので、廃車手続きも代行してくれます。

 

しかし、行政書士が代行してくれるのは書類上の手続きのみなので、永久抹消登録の際に必要な車の解体は自分で解体業者に持ち込むなどをしなければなりません。

 

廃車代行費用・・・5,000〜15,000円

 

売却で車を処分する

車を売却で処分

新車購入を条件に使用中の車をディーラー等に買い取ってもらう下取りや、インターネットを利用した個人売買中古車買取業者に査定を依頼して買い取ってもらう等、現在乗っている車を売りに出す方法は多々あります。

 

できるだけ費用がかからず簡単な方法で車を処分するなら、中古車買取業者に車を売却するのが良いでしょう

 

事故車や廃車寸前の車も買取してもらえるのかが疑問になるところですが、そのような車でも買取してくれる業者はたくさんいます

 

使えるパーツがあれば海外等に輸出するなどして、独自の販売ルートを活かし、動かない車でさえ思わぬ高値がつくこともあるのです。

 

そういった買取業者を探して車を売れば、面倒な手続きをする必要もなく、費用を支払う必要もありません。

 

それどころか、車を売却できてお金を手に入れられるかもしれないのです。

 

そして、その近道となるのが、無料で利用できる中古車一括査定サイトです。

 

詳しくはこちら!オススメの中古車一括査定サイトも紹介しています。
「車売却するなら?車売る時に絶対にしなきゃいけないこと(トップページへ)」

 

中古車一括査定サイトで売却して処分するメリット

簡単に買い取ってくれる業者が見つかる!

一度登録しただけで複数社に査定依頼ができるので、買取対応可能な業者が簡単に見つかります。

 

廃車寸前でも高額査定がつく可能性がある!

複数社に査定してもらうことで業者同士が競合し、思わぬ高額査定に繋がることがあります。

 

面倒な廃車手続きをしなくていい!

売却という形をとれば、廃車手続きをする必要はなく、その他の手続きも業者が代行してくれるので楽に車を手放せます。

 

自走不可能でも訪問査定だから手間なし!

動かない車でも、無料で訪問査定をしてもらえるから自分で持ち込む必要はありません

 

今すぐ無料一括査定依頼をする!
「車売却するなら?車売る時に絶対にしなきゃいけないこと(トップページへ)」

 

車の廃棄処分はお金や手間がかかるので売却処分がおすすめ

車を廃車にすると手続きに手間や時間がかかり、少なからずお金もかかってしまいます。

 

廃車をディーラーなどに代行してもらって簡単に済ませる方法もありますが、それには安くない費用が必要になってきます。

 

そこで、当サイトでは、車の処分は廃車よりも売却をオススメしています

 

廃車寸前の車を専門的に買い取っている業者も存在するので、例え年式が古い車や多走行車、または事故車であっても、買い取ってもらえる可能性は十分あるのです。

 

手間やお金をかけて廃車手続きをするのであれば、中古車買取業者に買い取ってもらってお金を得る方が断然得です。

 

売却先の買取業者は、「ズバット車買取比較」などの中古車一括査定サービスを利用するとすぐに見つけることができます。

 

詳しくはこちら!
車を高額売却するならこちらから-トップページへ

Facebook


inserted by FC2 system