車売却や車下取りに必要な書類の説明-早めに揃えておこう

必要書類は早めに準備

 

車を売却する時や、下取りに出す時に必要になってくる書類がいくつかありますので、いざとなった時に慌てないようにあらかじめ準備しておきましょう。

 

1.自動車検査証(車検証)

自動車検査証
出典:Wikipedia
これはあなたの自動車の所有者や仕様書を証明するもので、自動車検査証がないとあなたの自動車は売却することができません。道路運送車両法では自動車の中に常に保管しておくことが義務付けられており、多くの場合は、助手席前のグローブボックスに車検証が入っています。

 

もし、紛失してしまったってことであれば、運輸支局で再交付してくれます。

 

自動車検査証の再発行手順
1.必要書類確認と作成をします。
車検証再発行の必要書類
2.こちらから、お近くの陸運局(運輸局・支局)探して、手続きをします。
全国運輸支局等のご案内
3.車検証は即日で再発行されます。
他には、車検証代行サービスがありますので、時間が無い方は利用してみましょう。車検証代行サービスの費用は、約3000〜5000円程度です。

 

 

2.自動車税納税証明書

自動車税納税証明書
出典:大阪府HP
領収書と同じように、自動車税を納めた時にもらう証明書です。自動車税を納めていないようであれば、未納分を納めないと自動車は売却できません。紛失した際に再発行をする際は、普通車は都道府県の税事務所、軽自動車は市町村役所で再発行が可能になっています。

 

また、自動車を売却、下取り時には最新の納税証明書を用意しておきましょう。

 

自動車税納税証明書の再発行
・普通車は、税事務所へ問い合わせ
全国の税事務所一覧

 

・軽自動車は、市町村役所へ問い合わせ

 

自動車税未納していた場合は、税事務所へ問い合わせ
全国の税事務所一覧

 

 

3.自賠責保険証

自動車損害賠償責任保険証明書
出典:http://harley.balcom.jp/news/news_all/syaken-2/

 

自賠責保険の期限が過ぎていた状態であれば、自動車を売却することができません(名義変更が不可の為)。多くの場合はダッシュボードのグローブボックス内に車検証入れに車検証と一緒に入っているでしょう。

 

紛失した時に再交付をする際は、保険会社に連絡して相談してみましょう。紛失した場合、どこの保険会社か忘れてしまった場合は、まずは任意保険に入っている、保険会社へ連絡してみましょう。それでも、保険会社が不明な場合は車を購入したディーラー等に問い合わせしてみましょう。

 

 

4.実印

実印
軽自動車の場合であれば認印で問題ないのですが、普通自動車であれば実印が必要になります。

 

実印=市区町村で登録した印鑑
認印=シャチハタ以外のもの

 

自動車の名義変更を車買取店に依頼してもらうときの委任状や譲渡証明書に必要となってきます。

 

5.名義人の印鑑登録証明書

印鑑登録証明書
出典:Asiajob

 

実印が市区町村に登録されている印鑑だということを証明する書類になります。地域によって異なりますが、おおよそ300円くらいの手数料ですぐに発行してもらうことができます。2通用意しておきましょう。

 

発行後3ヶ月以内のものが必要になってきますので、期限に注意してください。また軽自動車の場合であれば必要はありません。

 

印鑑登録証明書を紛失してしまっていた時には、役所で印鑑登録の廃止申請等を行ってから新たな印鑑を登録する必要があります。

 

6.住民票の写し※住所が変更している場合

住民票
引越しをした場合などで、印鑑登録証明書と各書類の住所が異なっている時には必要となってきます。軽自動車の場合は必要はありません。複数回の引越しをしているのであれば、以前、住んでいたところの転出証明が必要になってくる場合があります。

 

住民票はおおよそ1通300円で、お近くの役所などで取ることができます。

 

7.委任状・譲渡証明書

譲渡証明書 委任状

出典:http://car.naru2-shop.com/index.htm

 

いずれも、売却先の買取店、下取りの場合はディーラーでもらうことができます。

 

委任状=車買取店等に名義変更などの手続きを代行したことを証明する書類
譲渡証明書=自動車を譲渡した時に必要な書類

 

いずれにも実印が必要となってきます。軽自動車の場合であれば認印でも問題ありません。

 

8.自動車リサイクル券の預託証明書

自動車リサイクル券
出典:http://haishanavi.net/haisha/check/

 

自動車リサイクル券は、リサイクル法に関わってくるもので、車検を受ける時に必要となるものです。こちらも車検証と一緒に車検証入れに入っていることでしょう。

 

紛失した場合は、下記のサイトで自動車リサイクル券の預託証明書をプリントアウトしてください。
こちらからリサイクル料金検索から進めてください。
自動車リサイクルシステム

 

操作手順はこちらから
リサイクル料金検索の操作手順

車売却や車下取りに必要な書類のまとめ

車売却や下取りに必要な書類(普通自動車の場合)

  1. 自動車検査証(車検証)
  2. 自動車税納税証明書
  3. 自賠責保険証
  4. 実印
  5. 印鑑登録証明書
  6. 住民票の写し※住所が変更になっている場合
  7. 委任状・譲渡証明書※売却先、下取り先からもらえます
  8. 自動車リサイクル券の預託証明書

 

車売却や下取りに必要な書類(軽自動車の場合)

  1. 自動車検査証(車検証)
  2. 軽自動車税納税証明書
  3. 自賠責保険証
  4. 認印※シャチハタ以外のもの
  5. 自動車リサイクル券の預託証明書

 

まとめ

書類等、必要なものは上記で確認して、なるべく早めに揃えておきましょう。

 

紛失していたりする場合は、税務事務所に行って取ってこなくちゃいけないものなどもあり、少し時間がかかってしまいますので、あらかじめ確認しておくとスムーズに車売却や下取りの手続きができます。

 

関連記事

愛車の売却査定額は納得できましたか?もっと高く売りたいという方なら

⇒わずか1分で愛車の最高額を調べてみるなら「ズバット車買取比較」

 

管理人が相場よりも30万円UPで車を売却した方法はこちらです。

相場よりも高く売ることができる「車売却テクニック」

Facebook


inserted by FC2 system